AGAになってしまったからと言って諦めるのはまだ早いです。かつら?そんなものはもう古いです。風におびえる日々はきません!自分の髪の毛をしっかり増やしてAGAを改善していきましょう。

AGAは女性でもなりますので注意

AGA男性型脱毛症の名称からわかるように、男性特有の症状だと思われますが、実は女性でもAGAになることがあります。最近では、女性を表す英単語を頭文字に装飾し、FAGAと呼ばれることもあります。

このメカニズムは、女性の中にある男性ホルモンが原因です。女性中にもある程度男性ホルモンがあり、それは男性であっても同じであり、男性のなかにも女性ホルモンがあります。当然女性には女性ホルモンが多くありますが、これが減少することで男性ホルモンが活動を開始します。

男性ホルモンは何も悪いことばかりするわけではなく、AGAを引き起こす男性ホルモンが悪いことになります。脱毛を助長する男性ホルモンが、女性の体内で増えることで女性にもAGAと同じような症状になり薄毛の原因になっています。男性に比べると女性ホルモンの影響で深刻な薄毛になることが少ないですが、頭髪は細くなることからボリュームが減る症状が多いです。それでも女性ですので気になることもあるでしょう。

この悪さをする男性ホルモンを取り除けば当然脱毛症が改善しますが、女性にとっては、男性とは違う治療法になります。男性はその悪さをする男性ホルモンの産生を抑えるプロペシアという治療薬を用いればよいのですが、女性にとってこの治療薬は禁忌されています。触れることされも禁止されていますので、女性はプロペシアを服用することができません。

よって女性ホルモンを増やす治療薬であったり、また女性ホルモンが多く含まれている大豆製品をすすんで口にするといった対応が求めらます。FAGAと呼ばれることが多い女性の脱毛症ですが、瀰漫性脱毛症とも呼ばれることがあります。改善策は女性ホルモンのバランスに気を付けることが重要です。