AGAになってしまったからと言って諦めるのはまだ早いです。かつら?そんなものはもう古いです。風におびえる日々はきません!自分の髪の毛をしっかり増やしてAGAを改善していきましょう。

AGAを改善にクリニックで処方される発毛剤が効果的

男性にとって薄毛に見舞われるのは何よりも辛いことです。頭髪は外見を印象づける大きな要素でもあることから、その部分が薄くなってしまうと自信が失われ、仕事や対人面でもどこか引っ込み思案になってしまうケースもあるかもしれません。また、鏡の中の自分を見るたびにストレスを感じ、それがまた抜け毛を助長することもあるでしょう。

こういった薄毛を解消するにはまずその原因を特定することが大切です。特にAGAが疑われるのであれば、クリニックでしっかりと医師の診療を受けて生活指導や発毛剤を用いた発毛治療を受けることが望ましいもの。もしもAGAである疑いが強い場合にはまず、飲み薬と塗り薬による治療が進められていきます。

これらはいずれもAGAに効果的とされる発毛剤ですが、まず飲み薬にはフィナステリドという成分が配合されたプロペシアという錠剤が用いられます。そもそもAGAは男性ホルモンと頭皮にある特殊な酵素が反応して頭髪の成長を阻害する物質を作り出してしまうもの。フィナステリドはこの酵素の働きを抑える効果を持っており、これにより自ずと頭髪の成長を妨げる原因が取り除かれて発毛を促すことに繋がります。

また、塗り薬としてはミノキシジルが用いられます。これは毛細血管を拡張させる効果を持つ成分で、薄毛の生じている頭皮に塗ることによってその部分に流れる血流量を増加させ、頭髪の成長に必要な栄養分を過不足なく補充できる状態を作り上げていくのです。

こうして二種類の発毛剤を使い続けることによって早い人ならば数週間程度で効果が得られ、遅い人でも半年から一年ほど使い続けることで毛質が変化したり、頭皮からの発毛が確認できるなどの確かな実感を抱くことができるほどになるでしょう。